HOME » どう違う?そのほかの高齢者向け施設を解説 » 高齢者向けマンションとは?その内容を調べてみました。

高齢者向けマンションとは?その内容を調べてみました。

元気で快適な生活を送ることを希望しているアクティブシニアが、豊かで充実した老後の生活を送ることができるように高齢者向けの設備やサービスが整い、設備やサービスを活用しながら自由で快適な毎日を送ることができるのが高齢者向け分譲マンションです。

千葉には高齢者向けマンションが多数あり、エリアも幅広いので家族の近くで暮らしたい、自分の生活圏を離れたくないなどの希望に合った物件を見つけやすいことが魅力です。

高齢者向けマンションの特徴

building

高齢者向けマンションは高齢者の生活に配慮したバリアフリー仕様で、安心して暮らすことができるため自宅をリフォームしたり、暮らしにくさを我慢して生活したりするよりも安心度が高く、レストランや温泉、シアタールームにフィットネスジムなどがある物件も多く充実したサービスを受けることができるという特徴があります。

また、生活全般の相談に応じるコンシェルジュがいたり、介護が必要になった場合に介護サービス業者と契約して訪問介護やデイサービスなどを利用したりすることもできます。

高齢者向けマンションの中には、マンション内にデイサービスや訪問介護ステーション、クリニックなどのサービス事業者を併設していることもあり、安心した暮らしができるように整えられているマンションです。

分譲高齢者向けマンションの特徴

老人ホームや福祉施設とは異なり、分譲されている高齢者向けマンションはバリアフリー化されていたり、安心して暮らしたりすることができるサービスを利用しやすく整えられていながら、物件が自分の財産になるため資産価値があるという特徴があります。

一般的な分譲マンションを購入するのと同じように自由に売却をすることができたり、賃貸に出したりすることができ、子供に相続させることもできます。

一定の条件をクリアすると購入時には住宅ローンを使用することもできます。賃貸物件もあるので、一般的なマンションと同じように分譲マンションを購入することも賃貸物件を借りることも自分の意志で洗濯することができます。

サービス付き高齢者向け住宅はサービスを受けることができ、安心して暮らすことができるという点では高齢者向けマンションと似ていますが、一般的な賃貸住宅と同様に契約期間のみの利用となり、購入することはできません。

高齢者向けマンションの入居の条件

高齢者向けマンションの入居をする場合には、60歳以上あるいは65歳以上で自立もしくは要支援1か2という条件を設定しているマンションが大半ですが、中には50歳や55歳と条件の年齢を下げている高齢者向けマンションあります。

また、親子で入居することを認めているマンションも多く親の年齢が条件に合っていれば子供の年齢に制限がないことがほとんどです。

年齢の条件をクリアしていれば、自立生活が可能かどうかという条件をクリアすることができれば購入することができます。

年齢を重ねて医療や介護が必要になった場合の身元引受人が必要なので家族としっかりと話し合っておくことが大切です。

物件ごとに独自の条件がある場合は多いので見学や相談の時に確認することをおすすめします。

豊かな生活を送るために入居するのが高齢者向けマンションなので、医療や介護を受けるという目的の場合には、

千葉県内には医療や介護を受けることができる老人ホームがたくさんあるので目的に合っている居住先を探す方が安心で快適です。

高齢者向けマンションの魅力

豊かなで充実した老後を送りたいアクティブシニア世代に人気がある高齢者向けマンションは、食事や洗濯、掃除などのサポートを受けることができたり、安否確認などの見守りや病院などへの送迎バスなどのサービスを受けたりすることができることが多く、安心して楽しく暮らすことができるという魅力があります。

また、宅急便やクリーニングの受け渡しなどのサービスや緊急時の対応が整っている場合もあり、コンシェルジュ付きのマンションで暮らしてきた人も便利さと安心をそのままに、年齢に応じた安心感の中で暮らすことができるところも魅力です。

高齢者向けマンションの居室

room

高齢者向けマンションは、法律で定められた施設ではなく一般のマンションと同じ扱いなので、設備や広さに基準がないため物件によって広さや設備は様々です。

千葉にある高齢者向けマンションは、コンパクトな単身者向けの1LDKから夫婦でゆったりと暮らすことができる3LDKまで自分の好みに応じた広さや間取りのマンションを選ぶことができます。

居室や共有スペースは基本的にバリアフリーになっており、自立した生活を送りやすい造りになっています。

広々としたエントランスにレストランや娯楽室、シアタールームがあったり、大浴場やジム、フィットネスなどがある高齢者向けマンションは多くマンション内で気軽に体を動かしたり、趣味や食事を楽しんだりすることができます。中には、趣味の工房やカラオケルームを備えている高級マンションもあります。

高齢者向けマンションに入居するメリット

最近は、60代でまだまだ元気なうちに高齢者向けマンションに入居する人が増えてきています。

体力があるうちに、将来に備えてバリアフリーで自立した生活を長く送ることができる高齢者向けマンションへの引っ越しをすることで、自宅の整理をすることができたり、引っ越し先のマンションに早くなじんで充実した生活を長く送ることができたりメリットがあります。

高齢者向けマンションは、設備やサービスが高齢者向けに作られている以外は普通のマンションと同じなので、自由度が高く自立した生活を楽しむことができるところが大きなメリットです。

設備や共有スペースが充実しており、家事や食事など身の回りのサポートを必要に応じて受けることができることもメリットのひとつです。

気が合う同世代の人とのコミュニティが作りやすいため住宅街で若いファミリーに囲まれて暮らすよりも仲間づくりをしやすく、気兼ねなく楽しい生活を送ることができるところをメリットと考える人も多いようです。

また、普通のマンションと同じなので分譲の場合には、資産としての子供に相続をしたり、売却や賃貸をしたりして次のステージに向けての資金を確保することができるところも魅力です。

高齢者向けマンションに入居する家族にとってのメリット

高齢者向けマンションは、家族にとってもメリットがあります。

食事や洗濯、掃除などのサポートを受けて生活することができる自立度が高く元気な親が、高齢者向けマンションで自由度の高い生活を安心して送ってもらうことができることは、子供にとっても大きなメリットです。

充実した設備と同年代の仲間に囲まれて快適に楽しく生活してもらうことができ、見守りや緊急対応があるので心配な様子があったときには連絡をもらうことができることは大きな安心です。

高齢者向けマンションにかかる費用

分譲マンションを購入する場合には、一般的な分譲マンションと同じ項目の費用が掛かります。

物件を取得するためには数千万円からの費用で購入することになりますが、中古の物件もあるので取得費用の幅は広くなっています。

設備やサービスが充実しているため、一般的なマンションよりも高額になっている場合が多く、他に管理費や終焉積立費が必要になります。

その他食事や施設利用料やサービス利用料が必要になったり、介護サービスを利用した場合には介護サービス利用料が必要になったります。

分譲マンションを取得した場合には、固定資産税がかかります。賃貸物件の場合には、家賃と食事や施設利用料、サービス利用料と管理費などがかかります。

有料老人ホームの
種類と違い

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホーム見学レポート