軽費老人ホーム

軽費老人ホーム(ケアハウス)とは?

入居者の生活や心身機能の特性を考慮した住宅と、食事・入浴といった生活サービスの提供を考慮した福祉の機能を併せ持つ施設です。1990年に新設され、社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される、公的な面が強い福祉施設です。軽費老人ホームC型とも呼ばれています。

なるべく自立した生活ができるようにということで、バリアフリーの環境が整っています。また、入居者が要介護の状態になった時、外部からホームヘルパーの派遣を要請できるなど、緊急時における在宅福祉サービスの機能ももっています。

食事の提供、掃除など、日常生活上必要な便宜を無料または定額料金で受けることができるため、一般的にケアハウスは人気も高く(入居希望者も多いため)、有料老人ホームのようにすぐに空き室に入居できるわけではありません。

入居者の条件

身体的理由から独立して生活することが不安・困難で、60歳以上の高齢者または60歳以上の配偶者を持つ人が入居できます。ただし、認知症などの理由で、他の入居者との共同生活に支障が出た場合、退所を求められる場合があります。

自立が原則ですが、近年は要介護1以上の認定を受けた方も入居できる「介護型ケアハウス」も登場しています。

メリット・デメリット

ケアハウスは、国や自治体から運営補助資金を供給され、社会福祉法人や医療法人などが事業主体となって経営する、公的側面が強い介護施設の一つです。

C型(ケアハウス)の他にも、軽費老人ホームにはA・B型があり、これらでは入所者の所得に応じて入所制限がかけられ、所得に応じて利用料金も変わります。C型では所得制限がない代わりに、A・B型では必要ない前払金や敷金(退去時の原状回復費用)が必要となるため、軽費老人ホームの中では経済力がある人向けの施設と言えます。

そのため、民間が経営する有料老人ホームと比較すると、いくつかのメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
  • 初期費用および入居の利用料金が比較的低価格で済む。
  • 介護型ケアハウスであれば、要介護度が上がっても、住み続けられる。
  • 介護型は初期費用がかかる。また、人気が高く、入居待機が発生している。
  • 医療依存度が高いと入居できない場合が多い。
  • 施設によるサービスの差が大きい。
  • 医療、看護ケアが限定的である。
知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート