グループホーム

グループホームとは?

グループホームとは、認知症対応型共同生活介護とも呼ばれています。中程度以下の認知症のお年寄りが、1ユニット(=9人)で自立し、地域社会で生活するための共同住居です。地域社会になじみながら、家庭と似た環境で暮らすことができるのが大きな特徴です。認知症の高齢者は、専門職員による介護を受けながら日常生活を送ります。社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営されています。

認知症のお年寄りが家庭的な環境の中で共同生活をし、明るく楽しく、精神的に安定した人生が送れるように支援することを目的としており、一般家庭に近い形で、自分自身で炊事や洗濯、掃除などを行います。

居室は個室で、居間、食堂、台所、浴室などもあります。しかしながら、身体状態が悪化し、1人で着替え・食事摂取・排泄などができなくなる、あるいは慢性疾患のため医療ケアが日常的に必要となってしまった場合は、退去しなくてはなりません。

地域密着型サービスなので、入所できる人はその市町村の住民に限定されます。ですが、高齢化が進み、認知症高齢者の数も増えてきた今、グループホームの数もゆるやかに増加しているため、将来的には入所のハードルも少しずつ下がっていくかもしれません。

入所者の条件

65歳以上の要支援2または要介護1以上の認知症患者、かつ施設のある市町村に住民票があることが基本条件です。その他にも、「身の回りの世話ができる」「感染症にかかっていない」「共同生活に適応できる」といった条件があり、地域や施設によって様々なので、詳細は施設に問い合わせる必要があります。

メリット・デメリット

グループホームは認知症に特化した地域密着型のサービスであり、その地域に住民票がなければ利用ができません。また、家庭的な居住形態にすることで、症状の進行を穏やかにすることを目的としているため、受け入れ人数が1ユニット~2ユニット(=9人~18人)という少数なので、すぐに入所できるわけではありません。医療ケアに対応しているところも少ないようです。

そのため、有料老人ホームと比較すると、いくつかのメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
  • 一般家庭に近いアットホームな形態をとっているので、認知症のお年寄りは安心して住むことができる。
  • 利用者は地域の暮らしを継続できる。また、その家族も頻繁に面会することが可能となり、ケア内容を細かく話し合うことができる。
  • 認知症の専門スタッフが常在している。
  • 地域によって入所が限定される(住民票が必要)ので、場合によっては入所が難しい。
  • 身体状態が悪化した場合は、退去しなくてはならない可能性もある。
  • 医療ケアには対応しない施設が多い。