HOME » 有料老人ホームのQ&A » 老人ホーム入居時の持ち物

老人ホーム入居時の持ち物

老人ホームに入居が決まったら、持参する物を用意しましょう。

入居時の持ち物としては、手続きをするために必要な物、衣類をはじめとした基本の持ち物、老人ホームで快適に過ごすためにあると便利な物などがあります。

また持参が禁止されている物もあるので、その点についても確認しましょう。

老人ホームの入居手続きに必要な物

絶対に忘れてはいけないのは、入所手続きに必要な物です。ほぼ全ての施設で入所手続きに必要なものとしては以下が挙げられます。

  • 健康保険証
  • 介護保険者証
  • 老人保険受給者証
  • 老人ホームの利用同意書
  • 通帳
  • 銀行印
  • 緊急時連絡先票

この他にも、現在服用している薬があれば必ず持参するようにしてください。

また、他の施設に入所していたことがある人は看護サマリーや診療情報提供書も必要になります。

入居するときの基本の持ち物

luggage

必ず必要な基本の持ち物としては、衣類、歯ブラシなどの身の回りの物、ペーパー類が挙げられます。

衣類

洗濯をするときに誰にものかわからなくならないように、畳んだときに見える位置に名前を書いてください。トップスであれば襟などがおすすめです。

また、洗濯はまとめて業者が行うため傷むのが早いようです。傷んでも問題ない服を持っていくようにしましょう。

身の回りの物

洗面用具をはじめとした身の回りの物を持参しましょう。具体的には、歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃り、フェイスタオルなどです。

施設にあると思って忘れてしまいがちですが、ない施設もあるので注意してください。また、入れ歯の人は入れ歯を入れる容器や入れ歯用洗剤を必ず持参しましょう。

ペーパー類

ペーパー類も基本の持ち物でありながら忘れてしまいがちです。箱ティッシュは必需品なので、必ず用意してください。

また、個室にトイレがある場合はティッシュペーパーを入居者自身が用意しなければいけないことがあります。あらかじめ施設に確認しておくようにしてください。

老人ホームでの生活に便利なグッズ

ここでは、老人ホームで暮らす中であると便利なグッズをご紹介します。

滑り止めマット

お皿の下などに滑り止めマットを敷いて、食事のときに食器ごとひっくり返してしまうのを防ぎましょう。

100円均一などで入手することができますよ。

食事用エプロン

食べこぼしが多い場合は、食事用エプロンを持参しましょう。

短いタイプだとお腹にこぼしてしまうことがあるので、十分な長さがあるものを選んでください。

ストロー付きのコップ

ストロー付きのコップも、こぼすのを防ぐためにとても役に立ちます。

普通のコップでは上手に飲めないという場合には用意して持っていきましょう。

老人ホームでより快適に過ごすために持参したいもの

老人ホームに入居すると生活がガラッと変わり、不安を感じる人もいます。

ここでは新しい環境でより快適に過ごすために役に立つグッズをご紹介します。

愛着があるもの

自宅にあるものを全て持ち込むことは不可能ですが、使い慣れたものや愛着のあるものはできるだけ持っていきたいものです。

施設での生活が始まって塞ぎ込んでしまう人もいますが、昔から使用していたものが近くにあると心も落ち着くはずです。思い出深い大切なものはぜひ持参してください。

趣味関連グッズ

施設に入ると手持ち無沙汰になり、なんとなくボーっとする時間が増えてしまいがちです。

しかし、認知症防止のためには活動的でいることが大切です。大切にしていた趣味があるのであれば、ぜひ趣味関連のグッズを持参してください。

趣味がアウトドアであれば、アウトドア関連の雑誌などもおすすめですよ。

持ち込み禁止のものを確認しよう

taboo

老人ホームは他の入居者と共同生活をする場であるため、守るべきことも多くあります。

持ち物についても施設ごとに持ち込めない物が定められているので、入居準備をするときには必ず確認するようにしましょう。

多くの老人ホームで持ち込みが禁止されている物として、ライターをはじめとした火気やナイフやハサミ、裁縫針などの危険物が挙げられます。また、煙草や酒などの嗜好品を禁止している施設も少なくないので、この点については入居前に確認したいところです。

その他にも、施設によっては飲食物の差し入れや電子レンジなどの家電製品の持ち込みを禁止しています。

自宅で当たり前のように使用している物が持ち込み禁止になっていてがっかりする人もいるかもしれませんが、問題なく共同生活を営むためにはルールは大切です。持ち込み禁止の物は入念にチェックするようにしてください。

はじめは少なめに持っていくのが吉

老人ホームに入居するときにはついあれもこれもと持っていきたくなってしまいます。

しかし収納スペースは限られているため、一気に持ち込むことはおすすめしません。はじめは収納スペースの7割ほどに収まる量にするとよいでしょう。

新しい生活を快適にスタートさせるためにも、持ち物には十分に気を配ってくださいね。

有料老人ホームの
種類と違い

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホーム見学レポート