HOME » 知っておきたい老人ホームのお金のはなし

知っておきたい老人ホームのお金のはなし

ここでは、有料老人ホームを含む高齢者向けの施設を利用する際の様々なお金について解説。各ページで、より詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

老人ホームに必要なお金とはどういったもの?

有料老人ホームに入居することを考えた時、最初に思い浮かぶイメージは「金額が高い・莫大な費用がかかる」ではないでしょうか。

悠々自適の老後生活を楽しもうと思ったら、前払金の相場は数百万から数千万円。高級な有料老人ホームでは数億円が必要ですし、月額利用料も平均で20万円前後かかる…。年金だけでそうした金額をまかなえる人はあまりいないのではないかと思います。

「どうしてこんなにお金が必要なのだろうか?」「どの施設もこんなに費用がかかるのか?」などなど、お金が絡むと頭が痛くなるでしょう。しかし、自己資金がいくらあるかをきちんと把握することで、入る老人ホームを決める最もわかりやすい基準となりますし、老後の生活設計を考える上でも、資金計画は欠くことができません。重要なポイントとなりますので、自分の資産と将来必要となる費用の把握に努めましょう。

施設ごとの相場

高齢者向けの施設を利用する際、入居時に必要な「初期費用」と、毎月必要となる「月額費用」についての詳細、さらに民間施設と介護保険施設を利用する時に必要な費用の詳細を説明します。

施設ごとの相場についてもっと詳しく>>

支払う費用の内訳

高齢者向けの施設で必要となる費用は実に様々。どの費用を払わなければならないのか、どの費用ならば介護保険が適用されるか、などの説明をします。また、有料老人ホームでよく目にする「前払金」「償却金」についても説明します。

支払う費用の内訳についてもっと詳しく>>

介護保険と手続きについて

介護生活は誰にでもやってきます。その支えとなってくれるのが介護保険。介護保険サービスを利用すると、所得によって利用額の8~9割は保険から支払われ、利用者の負担分は1~2割で済みます。

しかし、介護保険はかなり複雑な制度。サービスの利用者ごとにそれぞれ異なる利用制限もあり、使いにくいものなのです。

ここでは、介護保険制度についての説明、さらに介護保険を利用するための申請方法を説明します。

介護保険と手続きについてもっと詳しく>>

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート