手と手と手

オーナー自らが設計した快適空間「手と手と手」

手と手と手のHP画像
引用元:手と手と手(http://www.tetotetote.jp/)

「ホーム」の主人公は、常にそこに暮らす入居者の人たちであるべき。

このコンセプトを基本に、 プライバシーを十分に配慮しながら、入居者とスタッフ、地域の人々が、ひとつの大きな家族のようになって、手と手をたずさえて歩んでいくような温かい老人ホームを手づくり感覚でつくっています。

地域のサークルなどが自由に利用できる「地域交流」を1階に設けており、このスペースなどを拠点に入居者の方と地域の人々との様々な交流、例えばボランティア活動、お祭りなどへの参加、敷地内のスペースを利用した共同イベントなどを開催しています。

また、設計は施設オーナー自身によるもので、快適安全な居住空間を実現しています。

>>手と手と手について公式サイトで詳しく見る<<

費用・支払方法

  • 前払金/335万円
  • 月額費用/17万9,000円~

職員のサポート体制

3:1以上

介護・医療体制

  • 介護体制
    24時間365日スタッフが常駐し、薬の管理や定期的な見回りを行っているため、安全で快適な生活を送れます。また、健康のこと、生活のことなど、気軽に相談できるカウンセリングを実施。
  • 医療体制
    看護師は365日、2人以上が常駐。地域の医療機関と連携し、訪問診療、常勤看護士の対応もしてもらえます。

住み心地のよさ

居室内は19.25㎡/約5.8坪。 プライバシーを尊重する完全個室です。トイレ・ミニキッチン・ナースコール・洋服タンス・カーテン・エアコン・照明器具・各種端子を完備。家具は備え付けではないので持ち込みとなります。

トイレは、各個室とも車椅子対応となっています。

設備の充実度

施設は、オーナー自らによる設計。そのため中古物件のリフォームではなく、最初から介護施設として設計・施工されています。

施設内は空気がうまく流れるように、「光の道・風の道」を考えてつくられているため居心地が良く、建物外からだと小さく見えるが、天井高を上げているので中は広々と感じます。

安全面では、消防検査でも二重丸をもらえる基準で火災報知器を設置。廊下幅を3メートルとっており、緊急時にもストレッチャー2台が通れる幅を確保しています。

各フロアには共有スペースにもなる食堂を完備し、レクリエーションなども行なわれます。

食事内容・栄養管理

契約農家の野菜をふんだんに使った、手づくり料理を提供。調理はすべて、産婦人科や出産時の食事を扱う「株式会社パンプキンズコーポレーション」が担当しており、身体のことを考えた料理を食べられる。

入居者の傾向

65歳以上で、自立・要介護ともに受け入れ。また「自傷・他害のおそれがなく、共同生活に支障のない方」が入居条件となっていて、認知症患者・透析患者の受け入れもしています。

どこまで面倒を見てくれるか

どこまで面倒を見てくれるかという具体的な情報は見つかりませんでした。

家族と会いやすいか

榎戸駅の新改札から徒歩30秒で、非常に駅から近い好立地。車でも便利な場所にあり、近くに大型アウトレットもあります。

運営母体の信頼性

株式会社トモサービスはこのホームのみの運営をしており、施設は2007年に設立。建物・土地ともに非所有とのこと。

費用やサポート体制、住み心地だけじゃない!
老人ホーム選びで大切な10のポイント>>

展開する有料老人ホームの概要

こちらのホームのみの展開となっています。

利用者の口コミ

「緑が多かったので、このホームに決めました。秋田の故郷と同じ風景だったんです。他の施設だと、窓を開けても景色がありませんでした。すぐに緑が見えるからいいですね。」

「みなさん親切で活気に溢れています。特に、日中忙しく動いているスタッフさんが、何かを聞かれると丁寧に立ち止まって受け答えしてくれるので、とても感じが良いなと思いました。」

手と手と手の基本情報

住所 千葉県八街市榎戸917-1
運営会社 株式会社トモサービス
知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート