HOME » 有料老人ホームの種類と違い » 【住宅施設】サービス付き高齢者向け住宅

【住宅施設】サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅の特徴・サービス内容について解説します。また、千葉県内のサービス付き高齢者向け住宅の件数・所在エリアなども紹介します

サービス付き高齢者向け住宅とは?

サービス付き高齢者向け住宅とは、介護・医療と連携し、高齢者の安心を支えるサービスを提供する、バリアフリー構造の住宅です。「サ高住」(さこうじゅう)と略して呼ばれることもあります。主に自立(介護認定なし)、あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。

福祉の専門家(社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、介護職員初任者研修課程修了者)が少なくとも1人日中常駐し、生活相談を受け、24時間通しての安否確認サービスなどを行い(セコムの場合あり)ます。

費用が発生することがありますが、他にも宅配便・郵便物の預かり、外出の際の付き添い、買い物代行、食事の提供、洗濯、部屋の掃除やゴミ出しの家事援助など、さまざまな生活支援サービスを受けることができます。

大きな特徴としては、賃貸借方式が一般的となっており、それとは別に生活支援サービスを受ける時は、改めてサービス利用契約を結ぶ形となっています。「居住の権利を保障された上で、サービスを選択利用する賃貸住宅」と考えればわかりやすいでしょう。そのため、主に民間業者が運営しています。不動産業は大きなビジネスチャンスと考え、サービス付き高齢者向け住宅の数は年々増えているようです。

介護サービス内容

サービス付き高齢者向け住宅の特徴は、「住まいとケア」が分離されているところにあります。サービス付き高齢者向け住宅では賃貸借契約を結ぶことが前提となっており、まず入居者の居住の権利を確保しやすくなっています。

施設提供サービス内容

60歳以上の高齢者、または要介護・要支援認定者、およびその同居者となります。同居者は、配偶者・同条件の親族・特別な理由により同居する必要があると登録主体(都道府県又は指定機関)が認めた人となります。

この範囲内で、例えば「要介護者のみ」や、逆に「入居時自立」など、入居者資格を限定している住宅もあるので、確認をした方がいいでしょう。

千葉県内のサービス付き高齢者向け住宅の件数・所在エリア

千葉県の介護付き有料老人ホーム数の合計は217件でした。(「HOME'S介護」の登録施設数。2016年8月1日時点)

圏域名 所在エリア 件数
東葛南部圏域 市川市、船橋市、習志野市、八千代市、鎌ケ谷市、浦安市 36件
東葛北部圏域 松戸市、野田市、柏市、流山市、我孫子市 54件
印旛圏域 成田市、佐倉市、四街道市、八街市、印西市、白井市、富里市、酒々井町、栄町 23件
香取海匝圏域 銚子市、旭市、匝瑳市、香取市、神崎町、多古町、東庄町 5件
山武長生夷隅圏域 茂原市、東金市、勝浦市、山武市、いすみ市、大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、御宿町 57件
安房圏域 館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町 4件
君津圏域 木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市 28件
市原圏域 市原市 10件