HOME » 有料老人ホームの種類と違い » 千葉県の老人ホームのお薦め情報

千葉県の老人ホームのお薦め情報

老人ホームに入って生活しなければならない高齢になってから、入所先をどこにしたら良いのか悩んでしまうよりもまだ入所する必要がない時期から探しておくと良いでしょう。

その中でも、千葉県に住んでおくと様々な形で支援を受けながら生活をしていくことができます。

健康的な生活をできるだけ長く送れるようにするために役立つ取り組みが行政レベルで行われているのが千葉県であり、高齢者になってから住む老人ホームの候補地域として検討してみましょう。

千葉県の高齢者支援について

高齢者

老人ホームを利用するようになってしまうと高齢者はだんだんと自分のことを自分でできなくなってしまう傾向があります。千葉県では元気な高齢者として暮らしていけるようにするための高齢者支援をまず第一にしているのが特徴です。

元気高齢者の活躍サポート事業の実施はその代表的なものであり、NPO法人を中心として高齢者を生活支援の担い手として採用できるようにするための養成事業を行っています。仕事をしなくなると高齢者は途端に老化や認知症の発症が起こりやすくなってしまうため、積極的に仕事に従事できるようにサポートしているのです。

一方、認知症に関する理解度を高めるための事業も展開しており、セミナーなどの積極的に実施しています。それと並んで高齢者孤立化防止活動として地域での支え合いを重視する地域活動を促進し、画期的な活動を行っている団体を表彰するなど、高齢者を積極的に地域活動に関わらせるための仕組みを作り上げているのが特徴です。

千葉県のバリアフリー、ユニバーサルデザインの取り組み

ユニバーサルデザイン

地域としての住みやすさは高齢者にとって重要な要素ですが、その観点からもまちづくりに積極的な取り組みをしているのが千葉県の特徴です。

バリアフリーは高齢者が住みやすいかどうかを分ける大きな要素になります。ちばバリアフリーマップを作成し、各種公共施設や商業施設についてバリアフリーを実施している施設を明記した地図を配布して高齢者でも利用しやすいまちづくりを促進すると共に、その情報を提供して高齢者の便宜を図っているのです。

一方、ユニバーサルデザインに対する取り組みも積極的に進められており、特に公衆トイレについては行政が鋭意に取り組んでいます。建築物についてもユニバーサルデザインとするための指針を策定し、優秀なものに対しては表彰を行うという施策を実施しているのが千葉県です。

高齢者にとって利用しやすい施設を増やすために、表彰を積極的に行って各種法人に前向きな取り組みをしてもらうように働きかけています。

千葉県の福祉に関する取り組みについて

福祉施設

ちば福祉ナビをシステムとして立ち上げているのは千葉県の福祉に関する取り組みの中でも一番の特徴と言えるでしょう。

福祉サービスを利用したいという人が千葉県内の諸々の社会福祉施設についての情報を取得するためのサービスであり、介護及び福祉を行っている事業所に対して登録を推進しています。

登録事業所数を単に増やしているだけでなく、、写真や事業内容についても詳細な記述を心がけ、千葉県に住んでいる高齢者やその家族がサービスを選び易くする点も考えられています。介護が必要になってしまった高齢者に対してのベッドの空き情報も発信しており、特別養護老人ホーム、ケアハウス、ショートステイといった形で区分して調べられるようになっています。

一方、高齢者への直接のサービスだけでなく、千葉県福祉ふれあいプラザを設置して高齢者の介護を自宅でも行えるように家族向けの知識や技術の発信を行っているのも重要な取り組みでしょう。

千葉県の健康に関する取り組みについて

緑の風景

千葉県では高齢者になって寝たきりになってしまうような状況を生み出さないために、若い人も対象とした健康に対する取り組みも盛んに行っています。

総合目標として掲げているのが健康寿命の延伸、健康格差の実態解明と縮小です。社会的な問題になっている生活習慣病に対策できるように個人への啓蒙に勤め、ライフステージに合った対策を講じられるようにすることが目指されています。

基本となるのは個人の生活習慣の改善ができるようにするため環境を整えることであり、生活習慣病の発症を予防すると共に重症化を防止できるように施策上からもまちづくりからも寄与していくのが基本です。

高齢者になっても健康に暮らせる社会環境を作り出すために重要なのが地域での住民ネットワークであり、市民活動の促進を目指しています。

そして、心の豊かさを育むと共に介護や福祉、健康に関する知識を広めることによって健康に暮らせる社会を実現するために取り組んでいるのです。

まとめ

高齢者になると老人ホームで暮らすというのも選択肢の1つです。千葉県では老後の生活をよりよくするための支援を実施しているのが特徴です。

積極的な支援を受けて社会での活動を継続し、健康に対する意識を高めて自ら取り組んでいる社会環境を整備しようと努力を続けています。

身体の不自由などが生じやすい高齢者にとって住みやすいまちづくりにも積極的な取り組みを行い、いざというときには福祉施設も利用しやすい形を作り上げてきているのが千葉県です。

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート