HOME » 有料老人ホームの種類と違い » 健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム

老人ホームの種類の一つ、健康型有料老人ホームについて説明していきます。そもそもどんな老人ホームなのか、どのようなサービスを受けられるのかを詳しく解説します。

健康型有料老人ホームとは?

食事や家事手伝いなどのサービスが付いているホームです。介護を必要としない高齢者を対象としており、食事や入浴などの生活支援サービスがありますが、家事などは可能な範囲で入居者本人が行ないます。介護が必要になった場合、契約を解除し退去しなければなりません。主に民間業者が運営しています。

今は介護の必要はないけれど、独り暮らしに不安がある、また、同年代の友人との交流を楽しみたい、という人に向いた施設です。入居は自立者のみと限られているので、自分に合うサービスを提供しているホームを選択することで、豊かなシニアライフを送ることが可能です。

あくまで健康な高齢者のための住まいという形態ですので、要介護者が増える日本のニーズには合わず、全国的に見ても1パーセントというごく少数の施設です。

介護サービス内容

基本的には介護を必要としない人だけを受け入れるので、介護サービスは提供されません。そのため、介護スタッフも常在していません。途中で介護が必要になった場合は、原則契約を解除して退去することになります。同様に、日常的な医療ケアが必要になった場合も、退居しなければなりません。ですが、ホームによっては訪問介護が受けられる居室に移ったり、提携する介護付有料老人ホームへの転居が可能になったりする場合もあります。

施設提供内容

介護より、老後の生活を楽しむことを目的とする施設です。そのため、 居室の面積は広く、居室内にキッチンや浴室などを設けた分譲マンションのような形態であり、充分にプライバシーの確保をしているのが一般的です。 温浴施設やトレーニングルーム、レストランなど、共用施設が充実しているところが多く、こうしたホームは、前払金や家賃、施設の維持管理や生活サービスなどを含む管理費が高めとなる傾向があります。

ホーム内だけでなく、外出系のレクリエーションも多いので、一人で悠々自適な生活というより、新たな出会いや趣味のスタートなど、老後をアクティブに過ごしたいという方にとっては、充実した日々を送れることでしょう。

千葉県内の住居型有料老人ホームの件数・所在エリア

千葉県にある健康型有料老人ホームは 0件です。(「HOME'S介護」の登録施設数。2016年8月1日時点)

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート