HOME » 有料老人ホームの種類と違い

有料老人ホームの種類と違い

高齢化が進む昨今、自分の老後のため、ある程度の貯蓄と年金を持つ層が、老後に対する自らの責任をもって考えた結果、住み慣れた家を処分し、有料老人ホームを選択する人が増えてきました。そして、これから迎える少子高齢化社会を見据え、主体的に動く高齢者のニーズに対応し、有料老人ホームの数はどんどんと増え、いろんなタイプの施設も登場しています。

人気の有料老人ホーム、メリット・デメリットを解説

信頼のできる施設を選べば、ご家族の負担はもちろん、高齢者にとってもプラスの面があります。仲間が増えたり、家族に気兼ねすることがなくなったり、わずらわしい食事作りから解放されたり、そして何より、自分が求める「自分らしい老後の住まい」を得ることができるのです。

そもそも有料老人ホームとは?と疑問に思う方もいらっしゃるはず。有料老人ホームの最も大きな特徴は、公的援助を受けずに作られ、運営も民間の事業者が営利目的で行っているということでしょう。民間の事業者が運営しているため、公的なものに縛られない、自由で幅広い、様々な施設サービスが魅力です。

有料老人ホームには、どのような施設があるのか、その種類を紹介します。

介護付有料老人ホーム

食事をはじめとした健康管理、掃除や洗濯、入浴、排泄など日常生活において介護サービスが提供される民間の施設です。老人ホーム内のサービスが利用できるところがほとんどですが、まれに外部事業所のサービスを利用するところもあります。介護保険サービス利用が可能となっています。

もっと詳しく介護付有料老人ホームの情報を見る>>

住宅型有料老人ホーム

施設内に介護スタッフが常駐していないため、入居中に介護が必要な方は、外部の介護サービス事業者と契約を結ぶことで、施設に入居しながら外部の訪問介護などの介護サービスを利用する施設です。基本的なサービスとしては食事の提供、緊急時などの対応のみです。介護保険サービス利用が可能となっています。

もっと詳しく住宅型有料老人ホームの情報を見る>>

健康型有料老人ホーム

介護の必要がなく、生活の自立ができる高齢者のための施設です。主に民間事業者が運営しています。豊かなシニアライフを目的としているため、食事や娯楽施設などのサービスが充実しています。介護が必要となった場合、契約を解除して退去しなければなりません。自立が条件のため、介護保険は利用不可です。

もっと詳しく健康型有料老人ホームの情報を見る>>

【住宅施設】サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅(通称:サ高住)は、最近注目を集めているシニア向け住宅です。千葉県内でも多くの施設が建てられており、自由度の高い生活を送りながら、充実したサポートを受けられると評判。自立志向の高い高齢者の方は、検討されてはいかがでしょうか?

もっと詳しくサービス付き高齢者住宅の情報を見る>>

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート