HOME » 千葉県の老人ホームに関する最新コラム » 千葉県の地域包括ケア(住み慣れた地域で暮らし続けるために)

千葉県の地域包括ケア(住み慣れた地域で暮らし続けるために)

「地域包括ケア」という言葉をご存知ですか?

これは、高齢者の方が要介護の状態になっても、住み慣れた地域で自分の暮らしやすいように生きられることを目指すことを言います。

高齢化が進み、医療や介護の需要が増加しつつある今、注目されている地域包括ケアについて、千葉県が行っている取り組みをご紹介します。

千葉県の高齢化の現状

高齢者

2013年の調査結果によって、千葉県の総人口に対する65歳以上の人口の割合が24.3%であると発表されました。

この数字は全国的に見ると少ないのですが、全国平均の25.1%との差が徐々に縮まってきていることがわかったのです。

また、総人口が2010年にくらべて約2万4千人減少していることも明らかになりました。 さらに、要介護に認定された高齢者数、要介護者の介護サービス利用状況とその費用も増加傾向にあることが分かりました。

こうした状況から、千葉県は高齢者だけにとどまらない、家族、そして地域全体で介護を支える体制づくりが求められています。

「地域包括ケア」とは?

地域包括ケアとは、市町村が定める日常生活範囲において、高齢者の方が要介護の状態になっても、必要に応じた医療・介護・配食などの様々な生活支援サービスの提供によって高齢者の方の自立した生活を支援し、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けられるように、住み慣れた居宅、地域で暮らし続けることを目指すものです。

地域包括ケアを広めていくためには、高齢者の方をはじめ、世代を超えて地域の一人ひとりが社会活動等に参加するなどして、地域全体で取り組んでいくことが大切です。

地域包括ケアを行うためには、包括的な支援・サービス提供体制の構築が必要です。

この支援体制を、地域包括ケアシステムと言います。

地域包括ケアシステムに必要な要素

看護師

地域包括ケアシステムは、住まい、医療、介護、予防、生活支援の5つの要素が互いに連携しながら機能します。

しかし、やみくもに配備すればいいというものでもありません。

地域包括ケアシステムでは、生活の基盤として必要なものが整備され、高齢者のプライバシーと尊厳が十分に守られた「住まい」が提供され、その住まいにおいて安定した日常生活を送るための「介護予防・生活支援」があることが基本的な要素となります。

この2つの要素がそろって初めて、専門職による切れ目のない「医療・看護」、ニーズに合った「介護・リハビリテーション」介護予防と健康の知識を広める「保健・福祉」が効果的な役目を果たすものと考えられます。

そして、この5つの要素に加えて、地域包括ケアを行う際には、ケアを受ける本人の選択と本人・家族の心構えが欠かせません。

本人の在宅生活への希望などを家族はしっかりと受け止めて、たとえ本人が要介護状態になってもその生活の質を尊重することが大事です。

千葉県では、それぞれの要素に絡めた多くの事業を展開しています。

電話相談や「千葉医療なび」「ちば救急医療ネット」といった情報提供サイトへの掲載、サービス付き高齢者向け住宅の整備や、バリアフリー改修についての手引書作成、生涯大学校などのあらゆるサポート事業の運営、市町村独自の体操の普及活動など、多種多様な活動を行っています。

千葉県内の地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護保険法に基づいて、市町村が設置主体になり、保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員などを配置して、住民の健康の保持と生活の安定のために必要なサポートを行うことで、地域の保健医療の向上と福祉の増進を包括的に支援することを目的として設置される施設です。

配置される職員がチームを組み、必要に応じて行政機関や保健所、医療機関などのサービスにつないで、さまざまな事業にアプローチしています。

地域包括支援センターは、千葉県内には全54市町村に設置されていて、県内全体には175の地域包括支援センターが存在します。

地域住民の介護、福祉、医療に関する疑問にまず最初に相談できる施設である地域包括支援センターが幅広く分布していることで、どの地域の住民も地域包括ケアについて相談しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

まとめ

全国的にみると高齢者の割合は少ないものの、確実に高齢化が進んでいる千葉県。

高齢者本人だけでなく、かかわりのあるすべての人を支える地域包括ケアシステムをつくりあげることで、千葉県に住む人々をサポートする体制を整えています。

愛着を持つ地域や自宅で暮らしたいという高齢者の想いに寄りそうための千葉県の地域包括ケアは、今後ますます発展していくでしょう。

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート