HOME » 千葉県の老人ホームに関する最新コラム » どっちが安心?老人ホームvs『住み替え』

どっちが安心?老人ホームvs『住み替え』

シニア世代の増加に伴い、老人ホーム以外に「住み替え」需要も近年急速に高まっています。それに応えるように、生活利便性の高い駅チカマンションやシニア向けマンションが注目されています。千葉県の住み替え事情はどうなっているのか、調査してみました。

ともに求められるのは「安心」「快適」「便利」

まず、高齢者がいままで住み続け慣れ親しんだ自宅からなぜ住み替えを検討するのか。そこから見ていきましょう。

住み替えで重視されるポイント

あなたの両親が住み替えを検討し、一緒に物件を探す際に注目したいのは以下のポイントです。

安心して暮らせるか?

いまは元気かもしれませんが、体の変調は高齢者にいつ降りかかってもおかしくありません。そんな万が一に備え、介護従事者や家族からのサポートが受けやすい距離に住居を移す。バリアフリーの駅チカマンションやシニア向けマンションは、それに合致した施設といえるでしょう。

快適に暮らせるか?

慣れ親しんだ家とはいえ、そこに問題がまったくないわけではありません。住居の老朽化、階段や玄関の段差、掃除や管理がおっくうな広すぎる敷地、最寄駅からの道のり…。挙げていけばキリがありません。若いころには気にしなかったようなことでも、高齢者となり初めて意識される問題は確かに存在します。

便利に暮らせるか?

便利な住処に求められるのは、まずは立地。最寄り駅やスーパーへの距離、設備の整った病院、治安の良さなど、それら高齢者の暮らしに大切な要素は立地条件に依存します。立地だけでなく、部屋のコンパクトさ、整った生活導線など、室内環境も大いに関与してくるでしょう。

それら条件を老人ホームは兼ね備えているが…

ここまでに挙げてきたポイントは、大半の老人ホームも兼ね備えていると言えるでしょう。介護需要やバリアフリー状況などは、老人ホームのほうが優れていると考えられます。それでも「住み替え」需要が高まっているのは、住み替えならではのメリットがあるからではないでしょうか。

「住み替え」ならではのメリットとは?

まずは完全なるプライベートの確保でしょう。有料老人ホームの生活居室は個室であることがほとんどですが、やはり住み替えの「自分の家」とは一線を画します。自立した生活を望む高齢者にとって、そこは譲れない条件かもしれません。

また、老人ホームには入居の敷居の高さもあります。特別養護老人ホーム入居の行列は緩和されていませんし、介護付き有料老人ホームの入居前払い金がネックとなるケースも考えられます。

高齢者は賃貸を借りられるのか?

結論からいって「借りにくい」のは事実です。収入の少なさ、連帯保証人の確保、そして事故物件となるリスク…。シニア向けマンションやサービス付き高齢者住宅とは違い、一般の賃貸住宅の入居を断られるケースは数多く見られます。ご家族との距離や貯蓄状況など、入居に向かうにはさまざまな要素が重なってくるでしょう。

やはり、シニア向けマンションとして特化した物件が現実的な選択の上位候補となってくるのが実情ではないでしょうか。

千葉県のシニア向けマンション

最後に、千葉県のシニア向けマンションの入居時・月額価格を見ていきましょう。

施設名 入居時費用 月額費用 アクセス
デュオセーヌ柏の葉キャンパス 20万円~4,662.8万円 5.12万円~26.3万円 つくばエクスプレス
柏の葉キャンパス駅 徒歩5分
スマートコミュニティ稲毛 1,525.2万円~4,445.2万円 10.45万円~12.35万円 JR稲毛駅からタクシーで約13分
デュオセーヌ千葉ちはら台駅前 2,533.6万円~3,568.5万円 5万円~6.51万円 京成千原線 ちはら台駅 徒歩2分

いかがでしょうか。金額は部屋のグレードなどでも変わってきますが、自宅・老人ホームに続く選択肢として検討してみるのも良いと思います。どのような暮らしを老後に望むのか、そのイメージをベースとし、あらためて家族一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート