HOME » 千葉県の老人ホームに関する最新コラム » 千葉県内の65歳以上の方向け入場優待サービスをご紹介!

千葉県内の65歳以上の方向け入場優待サービスをご紹介!

高齢者の方が「自分が興味のある施設に行ってみたい!いろいろな体験をしてみたい!」と思っても、入場料が高いと少し尻込みしてしまうもの。

ですが、自分が興味のある施設に足を運んで様々な体験をすることは、自分の人生を豊かにする「生涯学習」の一つ。高齢者の方にとっては特に、自分の生きがいとなるものです。

そこで、千葉県内の観光施設では、千葉県内在住の65歳以上の高齢者の方を対象に、入場料を無料にしたり、割引したりといったサービスを行っているところがあります。

今回はそんなサービスを行っている施設をいくつかご紹介します。

五感で楽しめる!千葉県立中央博物館

千葉県立中央博物館は、千葉市中央区青葉町の「県立青葉の森公園」の中に位置する博物館です。「房総の自然と人間」をテーマとした常設展示をはじめ、特色ある展示を見ることができます。

隣接する生態園では、房総の代表的な自然が再現され、動植物の生態を身近に感じ、観察することができます。隣接する野外に生態園を併設している博物館は、千葉県立中央博物館が日本で唯一となっています。

人々の生涯学習を支える生涯教育施設として、どんな人でも利用できるように、駐車場には障害者等用駐車スペースを3台完備。敷地内の通路や出入り口、点字ブロック、多目的洋式トイレといったさまざまな場所にバリアフリー対策が整っています。

また、博物館のある「県立青葉の森公園」には、公園センターや芸術文化ホールなど、誰もが多種多様に楽しめる施設や環境が整備されています。作品に触ってみたり、植物のにおいをかいだりと、五感をフルに使って生涯学習ができます。

そんな千葉県立中央博物館は、65歳以上の方は入場無料で楽しむことができます。

身近な異世界!?ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園は、公益財団法人船橋市公園協会が運営するレジャー施設。河川と農地、山林が多く見られる自然豊かな船橋市金堀地区に、30.3haもの広大な敷地を利用して造成されています。「アンデルセン」の由来は、代表作「赤い靴」「マッチ売りの少女」「雪の女王」などでおなじみの童話作家、アンデルセンに由来します。

アンデルセンの出身地であるオーデンセ市(デンマーク)と船橋市が姉妹都市であることから命名されました。

園内は、自然の中で自由にのびのびと遊べる「ワンパク王国」、デンマークの風車や農家を再現し、のどかな田園風景の広がる「メルヘンの丘」、子どもたちが作品をつくる楽しさを体験できる「子ども美術館」、里山を再現し、樹林地や水辺のある自然環境を学べる「自然体験」、アンデルセン童話をイメージした遊具がある「花の城」の5つのゾーンに分かれています。

一見すると子ども向けの施設に見えますが、実は誰もが楽しめるのがこのスポット。自然豊かな広大な敷地には、1日中居ても飽きることなく、むしろ多彩な施設と体験に「1日じゃ足りない!」なんて声も。

もちろん、障害者等用駐車スペースや出入り口のスロープ、多目的トイレや休憩用いすなどを設置しているので、体が不自由な方でも楽しめます。

千葉県立中央博物館同様、こちらも65歳以上の方は入場無料で楽しむことができます。

海に、いのちに触れる。鴨川シーワールド

「鴨シー」の略称でも知られる鴨川シーワールドは、千葉県鴨川市にある水族館です。オープンは1970(昭和45)年とその歴史は長く、日本国内では珍しいシャチやベルーガといった海獣(かいじゅう)の飼育に力を入れています。

展示している海や川の生き物は11,000点を超え、生き物たちは「環境一体型展示施設」という、生き物たちがもともと生息していた環境を再現した場所で展示されています。中には、実際に生き物に触れたり、えさやり体験ができたりといった展示もあります。

このような展示によって、来館した人は、生き物たちがふだんどのように生活しているのか、どのような環境が生き物たちに必要なのかを、楽しめながら一気に学ぶことができます。

さらに、鴨川シーワールドの魅力は展示だけではありません。動物たちの知性や運動能力を引き出すパフォーマンスショーもまた、その魅力の1つです。

パワフルなシャチ、イルカのパフォーマンスから、面白く愛らしいベルーガやアシカのパフォーマンスまで、動物たちの生きる力に感動できるプログラムが用意されています。ショーを行う施設には、車いす用の観覧スペースが設備されています。

館内移動にはエレベーターも利用できるので、体力に不安がある方や体の不自由な方でも園内を満喫できます。

鴨川シーワールドの入場料は大人2,800円ですが、65歳以上の方は2,100円という優待料金で入場できます。

まとめ

千葉県内には、ここで紹介した3施設のほかにも、高齢者の方に対する入場料優待を行っている施設があります。

入場無料の施設は全部で22、入場料が割引される施設は全部で20と、県内の多くの施設が高齢者の方向けに入場料優待を行っています。

入場料の優待サービスを受けるには、健康保険証や運転免許証、住民基本台帳カードなど、満65歳以上であることを証明できるものを施設の受付で見せる必要があります。

また、施設によっては満70歳以上が対象だったり、優待サービスを受けられるのが施設の近くに住んでいる人限定だったりするので、訪れたい施設に問い合わせるなどしてしっかり確認してくださいね。

知っておきたい老人ホームのお金のはなし
有料老人ホームのQ&A
有料老人ホーム見学レポート